月別アーカイブ: 2024年3月

朝一番のうがいは難聴に効果的!のどの刺激で聞こえの準備運動

朝一番のうがいは
歯磨きでもうがいはされているかと思ますが、上を向いて喉の奥までガラガラといううがいをされている方は少ないでしょう。
この喉の奥までガラガラとうがいをすることは風邪の予防にもなりますが、同時に喉の奥を刺激して「聞こえ」のウォームングアップ効果もあるので難聴気味の方には押す末mします。

では、なぜのどの刺激が難聴に関係してくるのか?
疑問に思う方も多いでしょう。
それは
「風邪をひくと耳gは聞こえにくく感じた」
という経験をされた子pとはありあm線化?
難聴の方は特に耳については期w配らなければなりませんが、花が聞こえに大きく影響していることもあるンドエス。
つまり鼻や喉の状態が聞こえにも影響があるンドエス。

喉の健康状態が良ければ花の健康状態も良いわけです。
それがつまり、「聞こえ」にも良い影響があるのです。

難聴気味の方は朝一番のうがいと家族との会話を心がける

朝、起きてかtら誰とも話さず、新聞やテレビのニュース番組を観て無言で朝ご飯を食べる。
そして、そのままま誰とも会話せずに家を出る。
電車やバスに長時間揺られてようやく会社や学校に到着
土井宇良哉友達に「おはよう」
それが今日最初に発した声
そんな生活をしている人は容易注意です。

声を出すことで、
「喉」
「花」
「口」
そして
「耳」
の全部を動かすことで身体全体を目覚めさせることが出来るのです。

長時間声を出さずにいると、喉も乾燥して麻痺した状態になります。
自律神経も乱れがちになったり
気道もうまく働かず「誤嚥」「喉のつかえ」「声がれ」になることもありあmす。

眠気が残り身体がまだ目覚めていない時こそ
うがいをして喉の奥を刺激し
積極的に家族とも会話をして
難聴改善のための「聞こえ」の準備体操をするべきなのです。

一人暮らしで家族がいない場合は新聞を声を出して読んでみたり
「あ~!え~!い~!お~!う~!」の発声練習をしてみてはいかがでしょうか。

「聞こえ」に違和感のある難聴気味の方は耳も身体と同じく目覚めさせることの大切さにも気づいてください。
みみ太郎 取扱店

うるさい場所で名前を呼ばれてわかる耳のすごい働き

騒々しい人気味の中なのに、自分の名前を呼ばれたらちゃんと聞き分けられることってありませんか?
あるいは誰かが財布の中から硬貨を落としたりしたら、すぐに気づいたことってありませんか?
これ、耳の「カクテル・パ^ティー効果」と呼ばれている耳のすごい働きなんです。
「カクテル・パーティー効果」とは、まさしくパーティーのような騒々しい場所でも自分にとって都合の良い音だけをしっかりと聞き分けるすごい耳の能力なんです。

「お義母さん」
「お義母さん」
「お義母さん」
「もう、また聞こえなフリして。このクソばばあ!」
と小声でつぶやいたら、いきなり高齢のお義母さんが振り向いて
「今 なんて言った!」(怒)
なんていうのもカクテル・パーてょー効果かもしれませんね。(笑)

この耳のカクテル・パ^ティー効果は脳が一種のパターン認識能力を持っているからとされていmさう。
たとえば、自部の名前を呼ぶ声や効果が床に落ちた音など、常日頃から身近で関心のある音の波形をひとつのパターンとして記憶しているためです。
ですので、様々な雑音の中でもこれら緒は敬の音がすれば、すぐに気が付く仕組みになっているんもです。

しかし、これとは逆の働きも耳はよくするのです。
それは自分が聞きたくない音を聞き取りにくくする「逆カクテル・パーティー効果」です。
嫌いな上司の声などが典型的間も知れません。
嫌いな上司から話しかけられて、悪気はなくても聞こえないことがあるのです。
自分が普段から聞きたくないと思ている音(声)は、無意識のうちに脳が遮断しているのです。

最近、奥さんにk話しかけても無視される旦那さん。
ひょっとしたらこの「逆カクテル・パーティー効果」になっているのかもしれません。
くれぐれも気を付けてくださいね。

とに描く耳ってすごい働きをしているのです。
そして、これは耳というよりも脳の働きなのです。
耳はあくまで脳に信号を送る伝達器官でしかないのですからね。
テレビの音がうるさい親

入所待ちの特別養護老人ホームに早く入るコツはあるの?

とにおかく費用が安いのが魅力の特別養護老人ホームです。
ですので、入居待ちしている方が少なくありません。
でも、これって申し込み順じゃないんです。
実際には空きが出ると特別養護老人ホーム側で「入所者判定会議」が行われて、入所者がけていします。
ここでは主に「緊急性」が重要視されます。
介護の必要の程度や家族などの状況を考え、これらの者が特別委養護老人ホームでのサービスを受ける必要性が高いと認められる場合、優先的に入所させるということになっているのです。
多くの自治体ではそのために「ポイント制」を設けています。
それを元に判定基準を策定しています。

一般的には要介護度も重視されます。
軽度の方よりも重度の方が優先されます。
また在宅サービスのイ利用状況も加味されます。
在宅サービスの利用状況が少ない方よりも多い方のほうが優先されます。
また認知症なので現在の介護施設から対処を迫られているようなケースも優先されるようです。
また例外的に、介護者の休止など、緊急を要する場合には緊急入所というケースもあります。
これらのように、今の状況がどれだけ困った状況に陥っているかを正確にし特別養護老人ホーム側に伝えておく必要があります。

ここで少し矛盾もありますが、同居よりも独居の高齢者のほうが特別養護老人ホームに入所しやすいという傾向もあります。
先ほどの入所者判定会議で参考にされる自治体が策定したポイント制でも、
介護者が要介護3以上の場合
子供が圏外に居住している場合
などはポイントが高くなります。

このように、状況によってはなかなか特別養護老人ホームに親を入れるのは簡単ではありません。
そこで知っておいて欲しいのが
特別養護老人ホームへの入試緒は複数施設に同時にできるということです。
これらは、特別養護老人ホームの入所待機者が実際の数字よりもかなり大きく膨らんでいる原因でもありま。
ひとつの特別養護老人補ー0ムに固執することなく、少々遠くになてしまっても複数の特別養護老人ホームに入所申し込みの手続きをしておくことをおすすめします。
嫁が姑の介護をしない