月別アーカイブ: 2023年12月

金婚式に両親に渡すご祝儀袋の表書きはなんと書けばいい?

金婚式は、夫婦が50年間もの歳月を共に過ごした記念すべき日です。
ご祝儀袋に入れる金額や、内袋に書く内容は、場合によって異なりますが、基本的なマナーや注意点は守ることが大切ですよね。

実親ならまだしも、義両親に渡す場合は失礼があってはなにを言われるかわかりませんから(笑)

そこで知っておきたいマナーは。金婚式に両親に贈る祝儀袋の表書きには、
「寿」
「御祝」
「金婚式御祝」
という言葉が一般的です。
これらの言葉は、長寿を祝う意味合いがあり、金婚式のお祝いにぴったりです。

また、水引は紅白か金銀の蝶結びを選ぶのが良いでしょう。
蝶結びは、結び目が開くことがないという意味があり、幸せな家庭を象徴するとされています。

また、金婚式のご祝儀の相場については、一般の結婚式と同じくらいと考えてください。
ただし、ご夫婦や家族とよく話し合って決めることが大切です。
金額は、ご祝儀袋に入れる前に、偶数ではなく奇数にすることがマナーです。

ただ、ご祝儀袋には自分の名前をフルネームで書くことが最低限のマナーとされています。
内袋には、名前、住所、金額を書くと相手が管理しやすくなります。筆記用具には、黒の筆ペンや万年筆を使うことが一般的です。
しかし、他人ではなく身内に贈るのですからそこまで神経質にマナーにこだわる必要もないでしょう。

ご祝儀袋の書き方に自信がない場合は、書店やネットで参考になる本やサイトを探してみると良いと思います。
金婚式は、夫婦が長年にわたって愛を育んできた大切な日です。
ご祝儀袋には、その思いを込めて、丁寧に書き込みましょう。
それだけでお祝いの気持ちがきちんと伝わります。

また、金婚式のプレゼントでお金を渡す場合、そのタイミングは、結婚記念日の当日か前日に渡すのが一般的です。
そのタイミングに合わせて、お祝いの席を設けるようにしましょう。
子供たちから自部なっちの金婚式を祝ってもらうことは親にといぇは最高の喜びです。
金婚式 プレゼント 変わり種